初期制作

ホームページ作成の初期制作について

初期制作近年では、ホームページを持たない企業のほうが珍しくなって来ています。それは、誰でも情報はインターネットを検索することで得る時代になってきているからです。小規模な業者や店舗などでは、某SNSなどを利用して企業ページとしている所もあります。確かに、お手軽ではありますがやはり信頼性という意味では自社のホームページを持った方が良いのです。では、ホームページ作成にいちばん大事なのは、どこになるかといえば初期制作の部分です。ある程度の知識を持った方が存在すれば、しっかりと骨組のあるホームページならばデータなどの入れ替えは有る意味容易であるといえます。しかし、知識の無い方が必死に作ったホームページになると、更新時に色々と手を加える必要が出てきてしまうのです。そう考えると、初期制作で手を抜かないことが大事だと言えるのです

。そこでホームページ作成でお勧めしたいのは、初期制作のみプロに依頼するという方法です。当然ながら、ホームページ作成後も引き続きプロに保守を依頼することもできます。その場合は、1更新に付き幾らという課金制度の所もあります。更新の多いホームページならば、ホームページ作成時に年間の保守を費用として計上して見積して貰うという方法もできます。基本的に、ホームページ作成を依頼する場合は、初期制作のみの見積になりホームページとして問題無く観覧できる状態までの価格であることが一般的です。

ホームページ作成時に、自社の写真がどれだけ保守する実力があるのか分からない場合は保守担当になる予定の社員もホームページ作成の話し合いに立ち会うと良いのです。どのような方法で、構築してどんな形でひな形を作りデータを入れ込んでいくのかを聞いて理解できれば自社での保守も可能です。その場で、手法や構築の方法を話しをされても保守予定の社員が分からないならば、どこがどの程度分からないのかウェブデザイナーと話しをすれば分かるものです。ホームページ作成後に、多少勉強をすれば保守ができるレベルの基礎知識があるのか無いのかの見極めも同時にして貰うことも可能な場合があります。

見積前に、色々な要望などを伝える席でこのような見極めなどもして貰えるか、最初に依頼してみるのも1つの方法になります。初期制作を依頼する場合は、遠慮無く分からない部分、聞きたいことは聞いておくことが今後のためにも大事になっていきます。格好つける必要はありません、色々と聞いて納得してから依頼しましょう。